うだつのある町並み
「うだつ」とは、
屋根の両端を一段高くして火災の類焼を防ぐために
造られた防火壁のことです、
ここ美濃市には多くこの「うだつ」が残っています。
裕福な家しか「うだつ」を造ることができなかったため、
庶民の願望から「うだつを上げる・うだつが上がらない」
の言葉もできました。